所蔵・展示作品
鳥を抱く (とりをいだく)


奥田 小由女
1979(昭和54)年 第65回光風会展
82.5cm×43.5cm×31.5cm
奥田小由女作品には、人間の女性の他に小さな生き物がたびたび登場し、その姿からは生きるものへの慈愛が感ぜられます。生き物の中でも鳥は頻繁に用いられるモチーフであり、白の時代の作品にも登場しています。鳥の形は作品によって様々ですが、この作品の青い鳥は、女性の腕の中にその身を預けるようにして、まるで母親に抱かれて眠る子供のように安心しきった様子です。女性の頭部は大きな広がりを持ち、体は台座にまっすぐ立てている、この非常に安定感のあるフォルムが、女性の芯にあるものを表現しているかのようです。

〒728-0023 広島県三次市東酒屋町453番地6 TEL:0824-65-0010 FAX:0824-65-0012
Copyright (c) okuda-museum of art. All Rights Reserved.