所蔵・展示作品
花の門 (はなのもん)


奥田 小由女
1984(昭和59)年 第16回日展
66.0cm×51.0cm×23.0cm
赤子を抱える母親が、大輪の花を咲かせた花の門にたたずみ、身につけた服にも赤い花がデザインされています。慈愛に満ちたまなざしでわが子をじっと見つめ、右手にとまる蝶までもが小さな命を祝福しているかのようです。親子の情愛というテーマは、多くの作品でくり返し試みられて、さまざまな形で追求されています。母と子の愛情という人類普遍のテーマを扱うからでしょうか、本作に限らず、小由女作品に表現される女性は、宗教的な観念を呼び起こされるものが多く、その姿は宗教の違いを超えて、聖母や観音のようにも感じられてきます。

〒728-0023 広島県三次市東酒屋町453番地6 TEL:0824-65-0010 FAX:0824-65-0012
Copyright (c) okuda-museum of art. All Rights Reserved.