所蔵・展示作品
夕照 (ゆうしょう)


奥田 元宋
1993(平成5)年 第25回日展
178.0cm×221.0cm
秋の夕刻、赤く色づいた山の姿が、幾重にも塗り込められた岩絵の具によって描き出されています。紅葉の山々と流れ落ちる滝の組み合わせは、他の元宋作品にもたびたび描かれていることから、お気に入りのモチーフのひとつであったと考えられます。滝つぼに向って落ち込むような暗い赤には、夕映えに照らされた山頂との温度差が感じられてくるようです。また、画面手前の鮮やかな赤が滝までの距離感を際立たせ、絵の前に立つとその奥に実際の滝音が聞こえてくるような、錯覚を覚えるかもしれません。

〒728-0023 広島県三次市東酒屋町453番地6 TEL:0824-65-0010 FAX:0824-65-0012
Copyright (c) okuda-museum of art. All Rights Reserved.