所蔵・展示作品
秋岳懸泉 (しゅうがくけんせん)


奥田 元宋
1996(平成8)年 第28回日展
176.0cm×220.0cm
夜の暗闇の中に赤々とした岩山と樹木が浮かび上がり、落ち方の異なる二筋の滝が流れています。山の端より光がのぞいていますが、これは奥田元宋の代表作《待月》同様に、月の姿を描かないことでその存在を強く示すという、月の見せ方にこだわり続けた作家の表現技法が際立っています。「赤」「山」「滝」「月」といった、元宋作品の代表的なモチーフがひとつの空間に散りばめられた一作です。

〒728-0023 広島県三次市東酒屋町453番地6 TEL:0824-65-0010 FAX:0824-65-0012
Copyright (c) okuda-museum of art. All Rights Reserved.