所蔵・展示作品
彩溪淙々 (さいけいそうそう)


奥田 元宋
1994(平成6)年 第26回日展
178.0cm×221.0cm

横二メートルを超える大画面に繰り広げられる美しい奥入瀬渓谷の秋。作品の前に立つと、まるで秋の盛りに森の中に足を踏み入れたかのような感覚に包まれます。木々は今を盛りと赤や黄色に染め上げられ、その間を豊かな水をたたえた渓流が流れゆき、苔むした岩にぶつかりながらうねるように流れを変える川は、見る者にせまってくるように画面の前方で強調され、じっと見つめていると今にも水が動き出しそうに感じられてきます。木洩れ日に輝く奥深い自然の美。その一瞬の情景が、画家の鋭敏な感性によって切り取られている。「元宋の赤」とは趣の異なる、元宋芸術の別の魅力をたたえた逸品と言えましょう。


〒728-0023 広島県三次市東酒屋町453番地6 TEL:0824-65-0010 FAX:0824-65-0012
Copyright (c) okuda-museum of art. All Rights Reserved.