所蔵・展示作品
晩秋地蔵峠 (ばんしゅうじぞうとうげ)


奥田 元宋
1988(昭和63)年 第20回日展
176.0cm×221.0cm
秋深い地蔵峠の山容。なだらかなこんもりとした山をおおう木々は、赤や黄色に色づき、まばゆいばかりです。紅葉した木々の中からのぞく岩肌が画面を引き締め、峠の険しさをものがたっています。月の光に照らし出され、山は赤く浮かび上がり、木々はより一層鮮やかに輝きを増し、やわらかで慈愛に満ちた月の光は、峠にまつられる地蔵菩薩の視線を表しているようです。
作者は「私は自然に対した場合、まず色が目に入ってくる」と言っています。日中の明るい戸外で「色」を意識しながら写生をし、自然と対峙した時の感動をもとに構想を練って、奥深い自然の夜の風景を画面に生み出したのでしょう。


〒728-0023 広島県三次市東酒屋町453番地6 TEL:0824-65-0010 FAX:0824-65-0012
Copyright (c) okuda-museum of art. All Rights Reserved.