職員のつぶやき

 

 


※奥田元宋・小由女美術館公式ツイッターより

 

現在発売中の『婦人画報』9月号の特集『月みれば−』にて、

奥田元宋・小由女美術館を舞台にした『満月茶会』の様子が掲載されています。

 

現在開催中の展覧会『遠藤湖舟写真展「天空の美、地上の美。」』に展示する

作品を手掛けた写真家・遠藤湖舟氏と

“日本人初の宇宙旅行予約者”である実業家・平松庚三氏が客となり、

有斐斎弘道館館長の濱崎加奈子氏が亭主として二人をお迎えする、

という形での『満月茶会』と、

日本文化や宇宙に思いをはせた対談をご覧いただけます。

 

 

これは満月茶会の一場面の撮影に臨む一コマ。

今までさほど大きくは注目されていなかった?美術館のある場所に焦点をあてています。

展覧会では、ここにも作品展示がなされていますので、ご注目ください。

 

 

茶席には欠かせない掛け軸。

毛利元就の消息や遠藤湖舟作品など、どの作品でどのように空間を演出するか検討中。

 

 

撮影の合間に、美術館ロビーの池と昇り始めた月を撮影する遠藤湖舟氏。

水面の「ゆらぎ」を主要テーマとする写真家が、美術館の池に何を見出すのか!

 

あと、奥にもどなたかがいらっしゃいますが、詳しくは雑誌で!

 

 

雑誌に掲載する景観候補として、ロケハンで撮影した写真です。

結果的に使わなかった(用無し)ので、日の目を見せるため?ついでに掲載します。

 

その他、月に関する様々なエピソードなど多数掲載されています、

美術館受付でも販売しておりますので、ぜひご覧ください。

 

 

 

 

広島県三次市東酒屋町453番地6 (TEL) 0824-65-0010