施設の紹介

シンボルツリー
 いろはもみじがシンボルツリーとしてメインエントランス横の庭に立っています。季節ごとに様々な表情で来館者をお迎えします。

 > シンボルツリー・季節の装い
  (不定期更新)


屋上庭園
 常設展示棟とエントランス棟の間には屋上庭園と池を配置しています。季節の移ろいに合わせて彩りを変えてゆく植栽を施しており、美術館東の景観を広々とのぞむことができます。また、屋上緑化により外気温から室温を保護することで、施設の空調負荷を抑える役割もあります。

屋上庭園

 池に水を張ることで、ロビーからの《待月》の景観を演出します。満月の夜、水面に映る月影もまた、美術館をより味わい深いものにすると思います。

歩道橋(サブエントランス)
 美術館の向かいにある駐車場からサブエントランスへ続く橋を渡って館内に入場できます。赤いアーチは「元宋の赤」をイメージしています。

遊歩道
 美術館の南側にある遊歩道で、美術館と一緒に三次の自然の一端に触れることができます。道の途中には奥田元宋の歌碑が設置されています。

 > 散策気分で遊歩道案内ページ


画面にポインタを置くと写真が変わります

〒728-0023 広島県三次市東酒屋町453番地6 TEL:0824-65-0010 FAX:0824-65-0012
Copyright (c) okuda-genso-sayume art museum All Rights Reserved.