奥田元宋・小由女美術館のシンボルツリ−

 

 

※2014年11月20日の「職員のつぶやき」より

 

木々が暖色系に色づく今日この頃、

『元宋の赤』を掲げる奥田元宋・小由女美術館に似合い?の

景色になってまいりました。

※この景色は美術館サブエントランスの歩道橋の上から撮影しました。

 

 

美術館のメインエントランス側には

当館のシンボルツリーである『いろはもみじ』が立っています。

「元宋の赤」をイメージする樹木として開館当初から皆様をお迎えしております。

例年「真っ赤」になる前に葉が散ってしまうことがほとんどなのですが

季節に応じた色とりどりの葉をまとっていくところが魅力です。

 

 

向かって駐車場側にも紅葉のきれいな巨大樹木がございます。

 

 

ちなみに、これが開館年度(2006年11月19日撮影)のいろはもみじです。

今年と違い、一様な紅葉となっていました。

 

 

もう少しするととこうなります。(2007年2月1日撮影)

白い葉?もまた、このシンボルツリーの意外な魅力と思って

毎年、一年中を楽しんでおります。

 

 

美術作品を見るだけが美術館の楽しみ方ではありません。

年間通した散策コースのひとつに加えていただければ幸いです。